サポニンとは!サポニンサプリメントランキング!

サポニンランキング

サポニンとは

サポニンの種類

 サポニンは、えぐみや渋み、苦味の成分でです。サポニン類に含まれるものには、ソラニン、イソクリエチゲニン、大豆サポニン、それにジンセノサイドなどがあります。
 ソラニンはじゃがいもの芽や皮の緑化した部分に含まれています。

強い抗酸化作用

 サポニン類の中で最もとりやすいのが大豆サポニンです。大豆サポニンは強い抗酸化作用をもち、脂質の酸化を防いで代謝を促進します。血中のコレステロール値や中性脂肪値を下げるので、動脈硬化や高脂血症、高血圧などの予防に有効です。また肝機能障害の改善にもすぐれた効果を発揮します。
 さらに、免疫力を高めるとともに、細胞の突然変異を抑制してガンを予防します。エイズウイルスの増殖を抑える効果も期待されています。
 また、イソクリエチゲニンは、らっきょに含まれているサポニンで、はいがんや皮膚がん、大腸がんに有効です。
 ジンセノサイドは、高麗人参や田七人参に含まれているサポニンで、免疫システムを活性化し、自然治癒力を高めてがんあエイズウイルスを撃退します。血小板の凝集を抑える作用もあり、生活習慣病(糖尿病、心臓病、脳卒中、脂質異常症、高血圧、肥満)にも力を発揮します。

サポニンランキング1位